乾燥肌を意識したハンドケアとは?

ハンドケア

乾燥肌の人が実践したいハンドケアを紹介

手を繋いだ時』や『物を渡された時』など、手の感触や見た目は女性のイメージに大きく影響を与えます。

カサカサに乾燥して皺(しわ)が多い『老け手』よりも、しっとりふっくら潤いのある手の方が好印象です。特に大気の乾燥が気になる秋や冬などは手も乾燥しがちです。

普段から乾燥肌を意識したハンドケアを実践しましょう。

当ページでは手の乾燥が気になる人のために、エステや美容サロンに行かなくても手軽にできるセルフハンドケアを紹介しています。

どうして手は乾燥しやすいの?

顔は乾燥していないのに手だけ異様に乾燥が気になるという方も多いはずです。

手が乾燥しやすい大きな原因は、『水仕事』や『手を洗う機会が多い』点です。ハンドソープを使った手洗いはもちろん、食器洗いや料理など水仕事をすると肌にとって必要な皮脂膜や潤い成分までキレイに洗い流してしまうので肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまい皮膚内部の乾燥が促進します。また、肌のバリア機能が低下した状態は紫外線や大気の乾燥、ウイルス、細菌などの外的刺激にも弱くなるので肌トラブルの原因にもなり、悪循環に陥りやすくなってしまいます。

また、冬場は気温が低下するので結構も悪くなり、毛細血管まで栄養が届きにくくなり保水機能が低下し乾燥に拍車がかかってしまいます。

手のスキンケアのポイント

水を浴びている手

毎日行っている手のスキンケアのポイントをご紹介します。まだ実践していないものがあれば是非取り入れてみてください。

ハンドクリームは温めてから使う

手の乾燥が気になっている方は一日に何度もハンドクリームを塗っていると思いますが、ハンドクリームは塗る前に両手の体温で人肌程度に温めてから使うことで肌馴染みが良くなります。

洗顔後や入浴後は手も同時にケアする

洗顔後や入浴後は顔に行っているフェイシャルスキンケアと同じように手にも『化粧水・美容液・乳液。クリーム』などでスキンケアを行いましょう。

ハンドクリームは油分が多く保湿性には優れていますが、肌内部に水分を与える補水性は低いです。化粧水や美容液でしっかりと水分や美容成分を補給して乳液で蓋をしましょう。

当サイトでおすすめしている『シロジャム』ならオールインワン化粧品の様に1ステップで必要なハンドケアが完了してしまうのでオススメです。

実際に管理人がシロジャムを使った効果や口コミをチェックする

また、入浴後や洗顔後は秒単位で水分が蒸発していっています。入浴後や洗顔後はなるべく早く、遅くても10分以内にはスキンケアを終えましょう。また、手のスキンケア後に食器洗いをするとせっかくの保湿成分が洗い流されてしまうので就寝直前にお風呂に入るのがオススメです。

就寝中に手袋をする

寝る前にハンドクリームを塗ってから、寝ている時に手袋(ナイトグローブ)をするのも手の肌にうるおいをキープするのに有効です。

ただし、皮膚が蒸れて外的刺激に弱くなったり、うまく体内の熱が放出されなくて眠りが浅くなるなどのデメリットもあるので、リスクを下げるために、手袋の素材は通気性や吸湿性、放湿性に優れた綿やシルク、カシミヤなどの物を使いましょう。

肌の状態や気候(蒸れやすい夏場は使わないなど)をみて、手袋を使ってみてはどうでしょう。

日常生活で押さえておきたいポイント

ポイントを説明する女性

日常生活の中で美しい手になるために押さえておきたいポイントを下記にまとめました。全部簡単にできるものばかりなので出来る範囲で実践してみてください。

水仕事時はゴム手袋をする

ゴム手袋

水仕事の時などは手の皮脂膜や潤い成分を守るためにゴム手袋をしましょう。これだけで、乾燥が原因の乾燥性皮膚、ひび割れやあかぎれ、赤み、かゆみ、水ぶくれなどを抑制することができます。

現在では、昔ながらのピンクのゴム手袋から、使いやすく機能性に優れているもの、通販で買えるオシャレなモノまで幅広く買うことができます。気に入ったものを選べば水仕事の時のテンションも上がります。

日焼け止め対策は必須

少しの外出時であっても手にも日焼け止めは塗りましょう。手の平や手の甲、指の隙間までくまなく塗ってUV対策をしましょう。紫外線ダメージは皮膚内部の真皮層で肌のハリや弾力を支えているコラーゲンを損傷させます。

肌を老化させないためにも日焼け止めは必須です。また、日焼け止め化粧品を使う以外にも手袋をするのも有効です。

くすみが気になったらスクラブや酵素でケア

肌の色がワントーン暗くなったかもと感じたらハンドスクラブや顔用の酵素洗顔料などで角質ケアを行いましょう。ただし、これらのスキンケアは肌にダメージもあるので頻繁にやらないようにしたり、肌環境を診てやりましょう。

特に乾燥性敏感肌や肌が弱い人にはおすすめしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました